歯ぎしりを治療して、快適な睡眠を!

スポンサーリンク

夜、歯ぎしりがひどくて起きてしまう、起きると顎がだるい、など歯ぎしりの症状に悩まされていませんか?

歯ぎしりによる歯の擦る音は、周りの人に迷惑をかけるだけでなく、歯の摩擦によって、歯が削れたりします。

歯ぎしりは歯への損傷だけでなく、身体への負担もある症状です。歯ぎしりは、意外にもたくさんのデメリットがある症状なのです。

歯ぎしりによる身体への負担

 

歯ぎしりは睡眠中に無意識でおこなっているものです。そのため自分では歯ぎしりをしていることがわかりづらいものです。いっしょに寝ている家族や同居人に初めて気付かれてわかるそうです。そのままほって置くといろいろな疾患の原因になりますので、歯ぎしりとしていることがわかればすぐに治療する必要があります。

歯ぎしりの治療は歯科の専門分野です。最近では日本人のかたの多くが歯ぎしりをおこしていることから「歯ぎしり専門外来」を設けている病院もあります。

歯ぎしりは、歯の摩耗、神経の損傷、頭痛や肩こり、関節症、睡眠時無呼吸症候群などの原因にもなることがありますので、たかがと歯ぎしりと軽視せずに、歯科に電話で問い合わせをしてください。 歯ぎしり専門外来では歯のかみ合わせの調節などもおこなっています。虫歯などで治療した時の詰め物が歯のサイズにぴったりあってないことで歯の噛み合わせがわるくなっていることも考えられます。

また、もともとの歯ならびによるかみ合わせの悪さも可能性として考えられますのでその場合は歯列矯正する必要があります。歯ぎしりはストレスによって引き起こされることがあります。強いストレスによって歯ぎしり以外にも身体にも影響が出ている場合はメンタルクリニックでの治療も必要になるとおもいます。 こちらでは、歯ぎしりの治療について詳細にのべられています。歯ぎしりのことで気になられたかたは参考にしていただきぎご活用していただけたら幸いです。

マウスガードで歯ぎしり対策をしよう!

マウスガードを作ってみたいけど迷っている貴方!管理人が実際に作ってみました!作る前は、ダサそう、面倒くさそうなど、費用はいくらか?などいろいろ不安もあるかと思います。思ったより、ダサくない、面倒くさくない、費用も保険の適用内で収まりました。何より起きた時の歯の痛みが...激減しました!

歯ぎしり対策でマウスガード作ってみました!>>

スポンサーリンク

メニュー

全国の歯ぎしり治療に力を入れている歯科医院

(C) Hagishiri SOS Allrights reserved.